JavaScript : 新しく開いたウインドウにアクセスする

  window.open の戻り値を使用する



呼び出したウインドウでは、opener や parent で呼び出し元に自動的にアクセスできるように
なっていますが、呼び出したほうでは意図的に window.open を使用して戻り値を取得する必
要があります。

この戻り値が、新しく開いたウインドウの window オブジェクトになります

  
<script type="text/javascript">
var newWindow = null;
</script>

<a 
	href="javascript:void(newWindow = window.open('sub.htm','sub'))"
>新しいウインドウを開く</a>

<input
	type='button'
	value="新しいウインドウを開く"
	onclick='newWindow = window.open("sub.htm","sub")'
>
  



関連するページ

新しいウインドウを開く : (HTMLのみ / JavaScript)
新しいウインドウから元のウインドウ(opener/parent)へアクセスする
JavaScript : 新しく開いたウインドウにアクセスする
JavaScript : 新しく開いたウインドウを閉じる
JavaScript : IFRAME の中にアクセスする


WEBアプリ総合






  アンカーやフォームで開いたウインドウにアクセスするには



開いたほうのウインドウで、opener または parent を使って window ハンドルを
戻してやる必要があります。

main.htm
  
<script type="text/javascript">
var newWindow = null;
</script>

<a href="sub.htm" target="sub">新しいウインドウを開く</a>

<form
	action="sub.htm"
	method="get"
	target="sub"
>
<input type="submit" value="新しいウインドウを開く">
</form>

<form
	name="frm"
	action="sub.htm"
	method="get"
	target="sub"
>
</form>
<input type='button' value="新しいウインドウを開く" onclick='document.frm.submit();'>
  

sub.htm
  
<script type="text/javascript">
if ( window.opener ) {
	try {
		window.opener.newWindow = window;
	}
	catch(e){}
}
else {
	try {
		window.parent.newWindow = window;
	}
	catch(e){
		alert("単独ウインドウです")
	}
}
</script>
  



関連するページ

新しいウインドウを開く : (HTMLのみ / JavaScript)
新しいウインドウから元のウインドウ(opener/parent)へアクセスする
JavaScript : 新しく開いたウインドウにアクセスする
JavaScript : 新しく開いたウインドウを閉じる
JavaScript : IFRAME の中にアクセスする


WEBアプリ総合
















   SQLの窓    create:2010/11/28  update:2015/09/23   管理者用(要ログイン)





フリーフォントツール

SQLの窓ツール

SQLの窓フリーソフト

写真素材

一般ツールリンク

SQLの窓

フリーソフト