【PEAR】Date_Calc

  クラスメソッドのみのクラス



ソースコード内をサーチしても、$this-> という記述は無く、内部でも Date_Calc:: と記述しているので
日付関数集をひとまとめにしたかった、と思われます。

もちろんインスタンスを作成しても使えますが、記述が短くなる以外に効能は無いでしょう

あと、このように記述されています

1) それは、32ビットシステムタイムスタンプに頼りません
2) 32ビット整数に関する問題を軽減するのに用いられます

  
<?
require_once( "Calc.php" );

$diff = Date_Calc::dateDiff( 1, 1, 2000, 1, 1, 2008 );
print $diff;

print "<hr>";

$dt = new Date_Calc();
$diff = $dt->dateDiff( 1, 1, 2000, 1, 1, 2008 );
print $diff;

?>
  



  フォーマットについて



ソースを読むとはっきりします

  
if (!defined('DATE_CALC_FORMAT')) {
    /**
     * The default value for each method's $format parameter
     *
     * The default is '%Y%m%d'.  To override this default, define
     * this constant before including Calc.php.
     *
     * @since Constant available since Release 1.4.4
     */
    define('DATE_CALC_FORMAT', '%Y%m%d');
}
  

つまり、DATE_CALC_FORMAT を define で定義しなければ、'%Y%m%d' が使用されます。
フォーマットの詳細は以下

  
     * %a   abbreviated weekday name (Sun, Mon, Tue)
     * %A   full weekday name (Sunday, Monday, Tuesday)
     * %b   abbreviated month name (Jan, Feb, Mar)
     * %B   full month name (January, February, March)
     * %d   day of month (range 00 to 31)
     * %e   day of month, single digit (range 0 to 31)
     * %E   number of days since unspecified epoch (integer)
     *        (%E is useful for passing a date in a URL as
     *        an integer value. Then simply use
     *        daysToDate() to convert back to a date.)
     * %j   day of year (range 001 to 366)
     * %m   month as decimal number (range 1 to 12)
     * %n   newline character (\n)
     * %t   tab character (\t)
     * %w   weekday as decimal (0 = Sunday)
     * %U   week number of current year, first sunday as first week
     * %y   year as decimal (range 00 to 99)
     * %Y   year as decimal including century (range 0000 to 9999)
     * %%   literal '%'
  













   SQLの窓    create:2008/03/14  update:2015/09/23   管理者用(要ログイン)





フリーフォントツール

SQLの窓ツール

SQLの窓フリーソフト

写真素材

一般ツールリンク

SQLの窓

フリーソフト

JSライブラリ